スリングの使い方

いろいろ抱っこスタイル

スリングは、1枚の布からできた、とてもシンプルな作り。着脱の際に面倒はありません。

泣いている赤ちゃんを待たせずにすぐ抱っこしたり、寝てしまった赤ちゃんを、起こすことなくそっとベッドに下ろしたり。

赤ちゃんの成長と抱っこする人の好みに合わせて、様々な抱っこスタイルが楽しめます。

たて抱っこ

−首すわりからできる基本の抱っこ−

カンガルー抱っこ

−首が据わったら−

腰いす抱っこ

−お座りできるようになったら−

またがり抱っこ

−腰据わり以降の赤ちゃんに−

pu-piのオススメ、ちょっと変わった抱っこスタイルをご紹介しましょう。本やインターネットでもあまり紹介されていないスタイルで、「またがり抱っこ」とpu-piでは呼んでいます。

たて抱っこと少し似ているように見えますが、ポーチ部分をまたがせるところが、ポイントです。

布の両端をしっかり広げてひざの裏までもってきてくださいね。安定感、フィット感抜群です。体の大きいビッグちゃんにもおすすめですよ。

いろいろなスタイルを試しているうちに「マイ抱っこスタイル」がきっと見つかります。赤ちゃんの表情を見ながら、いろんなスタイルを試してみてくださいね。

スリングの付け方と基本的な抱っこの方法

動画でスリングの使い方をご紹介しています。初心者さんも、使い慣れた方も、基本の確認に、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スリングの付け方 −リングなし−

スリングの付け方 −リングあり−

よこ抱っこの仕方

たて抱っこの仕方

コラム一覧