スリングのある暮らし

いつまで使う?

こちらの男の子は、なんと4歳! 身長97センチ、体重14キロです。

彼さえその気になってくれれば、4歳になってもこうやってスリング抱っこができるんですよ。

ちなみに使用しているスリングは、彼が生まれて間もないころから使用しているスリングです。

1本のスリングが、ひとりの子供の成長を長い年月にわたって見守ってくれている...そんな気がして、とても微笑ましいシーンでした。

普段は「スリングって、なんか赤ちゃんぽくてカッコ悪い」と、なかなか入ってくれない子でも、時々はママに甘えてみたくなるんですよね。

ちょっと恥ずかしそうにスリングに入る姿が、いじらしくてたまりませんでした。

スリングを早く卒業してしまうと、なんだかもったいない気もしますが、それはそれで成長の証と思って受け止めましょう。

なかなかスリングが卒業できない...という場合は、長く使えてラッキーですね。

スリング卒業は、早くても遅くてもどちらでもいいんです。

振り返ってみれば、抱っこの時代はあっという間。抱っこできる時に、思う存分抱っこしてあげましょう。

コラム一覧